驚きの含有量!プロポリス

プロポリスとは?プロポリスは健康の為に良いのですか

フラボノイド類を始め有機酸類、フェノール酸類、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、脂肪等日常の食事では得られない無限とも言われる多種多様な栄養成分の相乗効果と様々な作用の積み重ねにより、全身細胞の活性化と免疫力を強化します。

そして体内の諸機能のバランスを整えながら、、自然治癒力を目覚めさせ、身体全体で健康にしてくれます。フラボノイドは赤ワインブームに火をつけたポリフェノール(健康に非常に良い)と同類で、赤ワインより一桁も多いのです。

 

紫外部分光光度計による吸光度測定などにより成分の特徴がわかるみたいです。


日本食品分析センターによって分析試験が行われました。
他のプロポリスの紫外部吸収スペクトルと比較して明確な相違点は

1 吸光度の極大がずば抜けて高い 
→ フラボノイドの含有量が高い

2 吸光度ピークの山の形が鋭角でなくて緩やかに丸くなっている
→ 特定の波長だけでなくて、幅広い波長でのフラボノイドの存在があることから、フラボノイドの種類が多く含有量が高い。

NK細胞活性

 人体には生まれながらにして外敵から身を守る防衛システム即ち免疫力が備わっています。 従っていかに免疫力を高めるかがガンを含む病気を予防するポイントになります。

その免疫力は骨髄で作られる様々の免疫細胞によって支えられていますが、 その中でもNK細胞(ナチュラルキラー細胞)は常に血液の中を走り回って、外敵を見つけると真っ先に攻撃をしかける非常に頼もしい存在です。

例えば人間の身体のどこかに毎日3,000~10,000個(先生方によって見解が異なります)のガン細胞が発生していると言われており、そんなに多くのガン細胞が発生したのでは、すべてがガンになってしまいそうですが、多くの人がガンにならないのは、このNK細胞が必死になって迎え撃っているからです。 ガンに限らず様々な病気の予防のためには常にNK細胞を活性化しておく必要があるのです。

この免疫力(抵抗力)は個人の遺伝子、生活習慣、環境によっても左右されますので、日常の生活習慣に気をつけることも大切ですが、上記のようにNK細胞を含む様々の免疫細胞は外敵を見つけるために常に血液の中をパトロールしているので、先ず第一に血液がスムーズに流れるようにしてNK細胞その他の免疫細胞を常に活性化しておくことが大切なのです。

 

過酸化脂質

 
人間の体を構成している約60兆個の細胞はすべて細胞膜に包まれて,主に脂質からできていて、多くの不飽和脂肪酸を含んでいます。

ほとんどすべての病気そして老化の原因とされている活性酸素は脂質を好むので、不飽和脂肪酸は酸化され易く、その結果過酸化脂質が作られます。 それが第二の活性酸素となって、近くにある不飽和脂肪酸を酸化させて、遂には体の細胞膜全体が過酸化脂質に侵されて、細胞をぼろぼろにしてしまい、様々な病気、老化の原因となります。

血中にはコレステロールなどの脂質があるので、活性酸素によって酸化され易く、過酸化脂質が作られてドロドロした血液が血管にこびりつくと、血管が堅くなりもろくなって、動脈硬化の元凶となり、様々な心臓疾患、脳疾患を引き起こす要因となります。 かかる生活習慣病を予防するためには、いかにして過酸化脂質が作られないようにすることが求められるわけです。

 

カテゴリー: がん, コレステロール, プロポリス   パーマリンク

コメントは受け付けていません。