大山国立公園の守られた自然環境から採れる湧き水

奥大山チロルの里のおいしい水の特徴

 ●硬度12の軟水です。
 
日本人がおいしい!と感じる名水はすべて軟水だそうです。お茶・コーヒー本来の味を引き立て炊事用としても最適の水です。赤ちゃんのミルク用の水にも適しています。

 ●ミネラルバランスの良い水。

 こちらのお水は、各種のミネラル分をバランス良く含んでいます。

 ●界面活性力が高い水。

 一般の水道水と比較して、61%多くの油が溶け込み、界面活性力が極めて高い水と評価されています。

 ●酸素力を発揮させる水。

 活性酸素を除去する酵素を試料として試験を行った結果、通常の水と比較して26%高い値です。

 

こちらのお水のもう一つの大きな特徴は、素晴らしい大自然の中、採水地の環境が抜群に良いこと!

★人が全く立ち入ることがない、標高1,200mのブナ林に湧き出ている状流水なのです。こちら大山の水は、日本でも有数の採水地の環境を誇ります。
自然の息吹を感じる大山、冬の間大山を包み込んだ雪が溶け出し流々と雪解け水が流れ出します。

大地はその水を蓄え木々や花々に芽吹く力を与え、全ての源となっています。 大山と言えば、鍵掛峠からの景色、そこは大山の南壁を真正面に望み最高のロケーションで有名ですよね。

そんな、大自然の中にあるこちらの工場。これに勝るものはない!ですね。
そんなこちらのお水、軟水の特徴は、まろやかで口当たりがよく、お茶・コーヒー本来の味を引き立て、水割 り、炊事用としても最適です。また、赤ちゃんのミルク用としても最適です。

 
感想・体験談

大山様 【広島県】 もう一缶増量!

奥大山の水を6月より使用しております。出かける時に水筒の中に冷えたお水を注ぐだけととても簡単、便利です。あまり健康管理はしない方ですが、水だけでもと思って契約致しました。来月は、もう1缶増量予定です。

【広島県在住】 本当に便利です。

「待望のディスペンサー届きました!うちではお風呂と台所の間に置いています。
お風呂上りに美味しくて冷たい水をガブガブ飲める贅沢さが家族にも好評です。このままだとすぐに水がなくなりそうで、追加注文を考え中です。」

「こちらの大山の水、ほんとうに美味しいくて愛用中です。ディスペンサーも最初は”大きいな~”とびっくりしましたが、冷たい水も温かい水もすぐに飲める手軽さに、今ではなくてはならない存在です。

 

岡田様 【広島県】 大山の自然に感激!

秋に紅葉狩りにと自家用車で鳥取に向いました。
蒜山高原から大山寺に向ってどんどん登っていたらこちらの会社の看板と水工場を見つけました。

大山の南壁の緑に囲まれたすばらしい環境の中に工場がありました。更に2キロ登ると地ビール&レストランのエバーランドがあり、おいしいビールと料理、景色に堪能しました。

水が良いからビール・料理もおいしいのだなと感激しました。更に2キロ登ると奥大山の紅葉を楽しむ最適地「鍵掛峠」に着きました。
またまた感激。奥大山は、春は山菜採りに、夏は避暑、秋は紅葉狩り、冬はスキーと四季折々楽しめる処だそうです。是非お出かけされて見ては!

河本様 【兵庫県】 会社で使っています。

会社で使っています。
こちらの大山の水とディスペンサーを会社へ取りつけてから、女性のお茶汲みが無くなりました。
飲みたい人が勝手に飲む。アメリカンスタイルですね。もちろん社長も自分で汲んで飲まれています。

太田様 【大阪府】 電気ポットが要らなく・・・

主人は焼酎を良く飲みます。夏は水割り、冬はお湯割りでいただきます。
「もう一杯」と主人が言うと私が作っていましたが、こちらの大山の水とディスペンサーが届いてから勝手に一人で作って飲んでいます。
冷蔵庫の開け閉めが減り、電気ポットが要らなくなりました。(笑)便利良いのよね!

渡辺様 【広島県】 ドリンクバーの雰囲気が子ども達にはかっこ良いのです。

暑くなると 冷たい飲み物が欲しくなりますよね。
子ども達はコーラ・ジュース・スポーツドリンクなどの飲み物を好みますが、糖分が以外と多く含まれているのにびっくりしました。ペットボトル症候群ですかね。

我が家にこちらの大山の水が届くようになってスポーツドリンクなどの空ボトルが減りました。
ディスペンサーのコックを押すと冷たい水が出てくる、ドリンクバーの雰囲気が子ども達にはかっこ良いんです。(笑)経済的だし、健康にも良いから助かっています!

 

カテゴリー:   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>